Twitter・Instagram・Facebookの最適な画像サイズまとめ

Twitter・Instagram・Facebookの最適な画像サイズまとめ

SNS運用の際、画像のサイズは意識していますか?せっかく高クオリティな画像でも、適切なサイズでなければ、クリエイティブ効果が十分発揮されなくなってしまうことも。
そこで今回は、2021年6月7日時点でのTwitter、Instagram、Facebookの適切な画像サイズや、画像の仕様を活かした事例などをご紹介します。

Twitterの最適な画像サイズ

Twitterのヘルプセンターによると、Twitterの画像サイズ情報は以下のとおりです。公式情報のほか、コムニコ推奨の画像サイズ情報もまとめています。

ヘッダー画像
・サイズ:1500×500ピクセル
・形式:JPG、GIF、PNG
プロフィール画像
・サイズ:400×400ピクセル
・形式:JPG、GIF、PNG
容量:2MB未満

--補足情報--
・円形にトリミングされるため、ロゴ使用などの際は円形内に収めるようにしましょう。
投稿画像
PC
・横サイズ:600ピクセル以上推奨
・縦サイズ:無制限
・縦横比…横16:縦9
・形式:PNG、JPG、GIF

--補足情報--
・縦の推奨サイズはありませんが、縦横比16:9よりも縦サイズの比率が大きくなる場合は、縦横比が16:9になるようトリミングされます。
・横サイズは1200ピクセルなど大きい画像を使ったほうが、画像拡大時に精細に表示されます。
・2021年4月から5MB以上の4K画像も投稿可能になりました。
スマホ ・最小サイズ:600×300ピクセル
・縦横比…(横長画像)横2:縦1~(縦長画像)横3:縦4
・形式:PNG、JPG、GIF
・容量:5MB以下(5MB以上の4K画像を投稿する場合は、[設定とプライバシー]→[データ利用の設定]の「画像」で「画像を高画質でアップロード」をタップしてから投稿)

--補足情報--
・横長画像は横2:縦1より縦サイズの比率が小さくなる場合に、横2:縦1になるようトリミングされます。
・縦長画像は横3:縦4より縦サイズの比率が大きくなる場合に、横3:縦4になるようトリミングされます。
・1200×675ピクセルなど大きい画像を使ったほうが、画像拡大時に精細に表示されます。
・2021年4月から5MB以上の4K画像も投稿可能に。ただしユーザー側が4K画像を閲覧するには、高画質画像を読み込める設定にしている必要があります。
コムニコ推奨 ・640×360ピクセル
※PC、スマホのファーストビューで切れないサイズです。

・縦横比…(横長画像)16:9、2:1、4:3 (縦長画像)1:1、4:5、3:4
※トリミングされる部分が少ない比率です。

■Twitterで複数枚の画像を投稿するときのポイント

Twitterでは投稿に4枚まで画像を追加することができますが、投稿枚数によって表示のされ方が異なります。

【1枚の場合】
PCでは縦長画像もトリミングされ、横長に表示されます。スマホでは若干トリミングされるものの、縦長画像として表示されます。
PCとスマホのどちらにも配慮するのであれば、横長の画像を使用するとよいでしょう。

・PC
Twtter画像1枚の場合(PC)

・スマホ
Twtter画像1枚の場合(スマホ)

縦長画像のトリミング位置についてもっと知りたい方は、こちらの記事も参考にしてみてください。
>> 縦長サムネに対応!Twitter投稿画像の表示位置を検証してみた

【2枚の場合】
左右に縦向きに表示されます(PC・スマホ共通)。
2枚とも縦位置の画像を使用するとよいでしょう。

Twitterの最適な画像サイズまとめ

【3枚の場合】
1枚目が縦向き、2・3枚目が横向きに表示されます(PC・スマホ共通)。
1枚目には縦位置の画像を、2・3枚目には横位置の画像を使用するとよいでしょう。

Twitterの最適な画像サイズまとめ

【4枚の場合】
画像を4枚投稿するときは、4枚すべて横向きに表示されます(PC・スマホ共通)。
全画像に横位置の画像を使用するとよいでしょう。

Twitterの最適な画像サイズまとめ


■複数枚画像を活用したTwitterの事例

こちらは「キングジム」の投稿です。ファイルの色を分けることで、左側が商品の全体的なイメージ画像、右側がその機能を補足するイメージ画像という役割がより明確になっています。どの画像も見せたい部分が中央に表示されていることから、配置やトリミング位置などをしっかりと押さえた投稿です。

 


■Twitterの画像を活用した投稿アイデア

「Twitterに投稿したGIF動画はタップすると止まる」という仕様を活かすと、1タップで気軽に参加できるゲームが投稿できます。

【1】反射神経ゲーム
タップすると上から落ちてきた点が止まり、ユーザーの反射神経レベルが表示されます。

1_反射神経ゲーム

【2】漢字ゲーム
右から画面を横切ってくる点を、漢字が「犬」となる位置でタップして止めます。

2_漢字ゲーム

【3】将棋ゲーム
画面上を移動する駒を、一手で詰ませることができる場所でタップして止めます。

3_将棋ゲーム

Instagramの最適な画像サイズ

Instagramの画像サイズ情報はヘルプセンターなどにも一部記載がありますが、公式情報が少ないため、主にコムニコ推奨の画像サイズ情報をまとめています。

プロフィール画像 ・コムニコ推奨:320×320ピクセル
投稿画像 ・1:1の正方形(コムニコ推奨サイズ:1080×1080ピクセル)
・横長:1080×566ピクセル
・縦長:1080×1350ピクセル

--補足情報--
・プロフィールページでは正方形で表示されます。
・クリック時にポップアップ表示される画像サイズ:最大1080×1350ピクセル
・画像の縦横比がサポートされていない場合、サポートされている比率に合うようトリミングされます。それより低い解像度で画像をシェアする場合は幅320ピクセルまで拡大され、高い解像度で画像をシェアする場合は幅1080ピクセルまで縮小されます。
ストーリーズ・リール ・コムニコ推奨サイズ:1080×1920ピクセル

・最小解像度:600×1067ピクセル
・縦横比…16:9
・動画容量:4GB以下

--補足情報--
・リールに投稿できるのは動画のみです。

広告画像 正方形

・最小解像度:600×600ピクセル
・最大解像度:1936×1936ピクセル
・縦横比…1:1

横型 ・最小解像度:600×315ピクセル
・最大解像度:1936×1936ピクセル
・縦横比…1.91:1
縦型 ・最小解像度:600×750ピクセル
・最大解像度:1936×1936ピクセル
・縦横比…4:5
動画 ・容量:4GB以下
・フィードで表示できる動画広告の長さ:最大120秒
・IGTVで表示できる動画広告の長さ:最大15秒


■Instagramストーリーズの仕様に関するポイント

ストーリーズについては推奨サイズを上に挙げましたが、この推奨サイズに則っていなくても表示できる例や、注意したいポイントがいくつかあります。

【1】横長や正方形の画像でもOK
推奨サイズに沿った縦長の画像でなくてもストーリーズの作成は可能です。

Instagram_ストーリーズの最適な画像サイズまとめ

【2】縦幅はアイコンに注意
投稿時にアイコンが入ることも考慮に入れ、上下それぞれ185ピクセル分空けてクリエイティブを作成するよう注意しましょう。

Instagram_ストーリーズの最適な画像サイズまとめ

【3】横幅の見え方はiPhone・Androidで変わる
画像の横部分は、iPhoneとAndroidで見え方が変わる可能性があります。
下の画像はiPhoneから見た画像です。クリエイティブは見える範囲にしっかりと収まっています。

Instagram_ストーリーズの最適な画像サイズまとめ

ところが、こちらのAndroidから見た画像では、横の部分が切れてしまっています。Androidでは画像が切れてしまう可能性があることを考慮し、左右それぞれに45ピクセルずつ空けたデザインにするよう、留意しておきましょう。

Instagram_ストーリーズの最適な画像サイズまとめ

【4】文字との“かぶり”に注意
ストーリーズにURLを入れている場合、画像の下部にテキストを入れると「詳しくはこちら」という表示と文字がかぶってしまいます。クリエイティブ作成の際は、表示されたときの見え方にも注意しましょう。
※広告ではなく、オーガニックのストーリーズにURLを設定できるのは、1万人以上のフォロワーがいるアカウントのみです。

Instagram_ストーリーズの最適な画像サイズまとめ


■画像を活用したストーリーズの事例

スターバックス公式」は、ストーリーズにある直接画像に手描きできる機能を使って「お気に入りの組み合わせを教えてください」と投稿しています。

スターバックス事例②
また、ユーザーとの親密度を高めるために、回答してくれたユーザーの投稿をストーリーズにリポストしています。親密度が高まることで、優先的に投稿が表示されるようになります。
親密度を高める方法はリポスト以外にもありますので、気になった方はこちらの記事も参考にしてみてください。
>> 【2021年最新】Instagramのアルゴリズムを理解しよう


■Instagramストーリーズを活用した投稿アイデア

ストーリーズの「指を放すとスタンプが上に上がる」という仕様を活用すると以下のようなゲームもできます。
顔の位置に合う場所で目のマークのスタンプを離し、スタンプが目の位置に重なったらスクリーンショットを撮り、顔を完成させるというゲームです。機能を活用したユニークな企画で、ユーザーを楽しませてみてはいかがでしょうか。

eye_1

Facebookの最適な画像サイズ

Facebookのヘルプセンターの情報によると、Facebookの画像サイズ情報は以下のとおりです。公式情報のほか、コムニコ推奨の画像サイズ情報もまとめています。

プロフィール画像
・PC:170×170ピクセル表示
・スマホ:128×128ピクセル表示
コムニコ推奨:最小320×320ピクセル~最大960×960ピクセル内の正方形(解像度が保たれた画像でアップロードできます)

--補足情報--
表示の際は円形にトリミングされるため、デザインは円形にしましょう。

カバー画像

・PC:820×312ピクセル表示
・スマホ:640×360ピクセル表示
・最小サイズ:400×150ピクセル以上
コムニコ推奨サイズ:820×360ピクセル
(スマホ表示ゾーンは640×360ピクセル、PC表示ゾーンは820×312のため、左右両サイド90ピクセル、上下両サイド24ピクセルにロゴやサービス名を配置しない)

--補足情報--
851×315ピクセルで、100KB未満のsRGB JPGファイルの場合、読み込み時間が短縮できます。
カバー動画
・820×312ピクセル以上
・推奨サイズは820×462ピクセル
・動画の長さ:20秒~90秒
リンク投稿
コムニコ推奨:1200×630ピクセル(600×315ピクセルでも可能)
投稿画像

通常の投稿画像の場合 コムニコ推奨:720×720ピクセルの正方形
(アイキャッチとして使いやすくおすすめです)

--補足情報--
必ず正方形である必要はなく、縦長でも横長でも問題ありません。
URLをつけたリンク投稿をする場合 ・コムニコ推奨:1200×630ピクセル
・形式:JPEG、BPM、PNG、GIF、TIFF
・容量:15MB以下(PNGは1MB以下)

--補足情報--
フィードに表示される際、縦長画像の場合、PCでは横2:縦3よりも縦サイズの比率が大きいと、横2:縦3にトリミングされます。スマートフォンでは横4:縦5よりも縦サイズの比率が大きいと、横4:縦5にトリミングされます。

 

■Facebookで複数枚の画像を投稿するときのポイント

Facebookには複数枚の画像をアップする際、画像枚数とその画像の比率によって、投稿時のコラージュが変化するという仕様があります。ユーザーに見せたいクリエイティブがしっかりと表示されるか、事前にチェックしておくとよいでしょう。

【2枚の場合】
縦長もしくは正方形の場合は横並び、横長の場合は上下に並びます。

【3枚の場合】
・3枚とも1:1サイズの場合
横に3枚並びます。

・1枚目…16:9サイズ/2、3枚目…1:1サイズの場合
横長の1枚目が上段に、正方形の2、3枚目が下段に表示されます。

Facebookの最適な画像サイズまとめ

・1枚目…9:16サイズ/2、3枚目…1:1サイズ
縦長の1枚目が左側に、正方形の2、3枚目が右側に表示されます。

Facebookの最適な画像サイズまとめ

【4枚の場合】
・1枚目…4:3サイズ/2~4枚目…1:1サイズ
横長の1枚目が上段に、正方形の2~4枚目が下段に表示されます。

Facebookの最適な画像サイズまとめ

・1枚目…9:16サイズ/2~4枚目…1:1サイズ
縦長の1枚目が左側に、正方形の2~4枚目が右側に表示されます。

FB3

・1~4枚目…1:1サイズ
正方形の4枚が、左上(1枚目)⇒右上(2枚目)⇒左下(3枚目)⇒右下(4枚目)の順に表示されます。

Facebookの最適な画像サイズまとめ


■複数枚画像を活用したFacebookの事例

ハーゲンダッツ Häagen-Dazs」の投稿は、一見すると1枚の画像に見えますが、2枚の縦長画像を上手く組み合わせています。別々に作ることで、右の画像は発売日や発売日以降も別の投稿で使えそうです。

おわりに

画像のサイズは、投稿内容の印象を決める大切な要素のひとつで、ユーザーの反応にも影響してきます。クリエイティブにこだわるだけでなく、各SNSの適切なサイズかどうか、見え方は問題ないかなど、投稿前に確認するようにしましょう。

SNSアカウントの効率化ツールコムニコ マーケティングスイート」を活用すれば、PC・スマホでの見え方を確認しながら予約投稿ができ、面倒なテスト投稿も不要になります。

cms_twitter

プレビューの見え方や使いやすさなど、14日間の無料トライアルでぜひお試しください。
コムニコマーケティングスイート