<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=165725567198380&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

【2021年最新版】Instagramインサイトを使った分析・解析方法を徹底解説!

Instagramインサイトを使いこなそう!分析・解析方法を徹底解説

Instagramインサイトは、投稿への反応やリーチ数、フォロワーの属性データなどが確認できる分析ツールで、プロアカウントのユーザーであれば誰でも無料で使用できます。アカウント全般のインサイト、フィードとストーリーズのインサイトに加え、2021年5月にリールとライブ動画のインサイトが追加されました。本記事では、インサイトの項目やインサイトの見方について解説していきます。

Instagramのインサイトを使用するには、アカウントが「プロアカウント」である必要があります。
プロアカウントへの切り替え方法は下記の記事で説明していますので、まだ切り替えが完了していない方は、ぜひこちらの記事を参考にしてみてください。
>> 【2021年最新版】Instagramの企業アカウント開設方法まとめ

Instagramレポートフォーマット
Instagramのレポートの作り方にお困りの方は、以下のフォームからレポートのフォーマットが無料でダウンロードできますので、ぜひご活用ください。フォームを送信いただくと、メールにてお届けいたします。
フォームが表示されない方はこちら

アカウント全般のインサイト(インサイト概要)

まずは、アカウント全般のインサイトを見てみましょう。
プロフィールページにアクセスするとプロフィール文の下の並びに「インサイト」ボタンがあるので、そちらをタップしてインサイトを表示します。確認できる項目について見ていきましょう。

Instagramインサイト

リーチしたアカウント数

ここでは、自分のフィード投稿やストーリーズ、リールなどを1回以上閲覧したユニークアカウントの合計数を確認できます。タップすると詳細ページが表示され、過去7日間(または30日間)にリーチしたアカウントの内訳やインプレッション数が確認できます。リーチしたアカウント数「フォロワーとフォロワー以外」の円グラフでは、コンテンツに接触したユーザーの内訳(フォロワーか非フォロワーか)を表示してくれます。ここで表示される「フォロワー」の数値が実際のフォロワー数に近いほど、コンテンツがフォロワーにしっかり届いているということになります。フォロワー数より圧倒的に少ない場合は、フォロワーが投稿に関心を示していないため、コンテンツの改善が必要です。
また、内訳がほぼ「フォロワー」になっており、「非フォロワー数」の数が少ない場合は、フォロワー以外にコンテンツが届いていないということになるため、流入の要となるハッシュタグの改善が必要であると言えます。

「コンテンツタイプ」の横棒グラフでは、リール・(フィード)投稿・ストーリーズなど、投稿したコンテンツの種類ごとにリーチ数を表示してくれます。投稿タイプごとにリーチ数がどう異なるのかを確認し、リーチを広げたい場合は、リーチを取りやすいコンテンツタイプを投稿するようにしましょう。
また、ここでもフォロワーと非フォロワーの内訳が確認できるので、コンテンツタイプごとの違いも確認してみてください。

コンテンツでのインタラクション

自分のフィード投稿やストーリーズ、リールに対するいいね!やコメント、シェアなど、アクションされた回数の合計を表示しています。詳細ページでは、フィード投稿やストーリーズ、リール、ライブ動画などについて、それぞれのインタラクション数が見られます。

インタラクションが増えると、コンテンツの評価が高まり、リーチが増える可能性があります。また、コンテンツにアクションしてくれたフォロワーとのシグナルが溜まり、その後の投稿のリーチを高めてくれます。どんなコンテンツがインタラクションが高いのかを把握しておくことは、リーチの拡大やフォロワーとの関係構築に役立ちます。

合計フォロワー

フォロワーの合計数を表示しています。詳細ページでは、フォロワーが100人以上いる場合に、過去7日間(または30日間)のフォロワーの増減や、フォロワーのエリアや年齢性別、アクティブな時間や曜日が確認できます。
合計フォロワーのインサイト
どんな投稿や施策を打ったときにフォロワーが増加・減少したのか分析をしておくことで、フォロワーの増加に役立てることができます。施策ごとの分析も必要ですが、アカウントを俯瞰してみたときに何が最も貢献しているのか、定期的に分析を行いましょう。

ただしインサイトでは、フォロワー数の増減等は「過去7日間」「過去30日間」のいずれかの合計値しか確認することができないため、日ごとの細かい変化を見ることはできません。また、データを保存しておけないため、1ヶ月以上過去の振り返りを行うことも不可能です。
日ごとの変化を分析したい場合やより詳しい分析を行いたい場合は、『コムニコ マーケティングスイート』などの分析ツールを導入すると良いでしょう。コムニコ マーケティングスイートについては、後半の章でも詳しく解説していますので、そちらもご覧ください。

コムニコマーケティングスイート

あなたがシェアしたコンテンツ - 投稿

過去7日間(または30日間)の自分の投稿が表示されます。詳細ページを開くと、投稿データの一覧が表示されます。画面上部では、投稿タイプや表示項目、期間を切り替えるフィルターの選択ができます。
投稿インサイト

あなたがシェアしたコンテンツ - ストーリーズ

フィード投稿と同じように、指定期間にストーリーズに投稿したコンテンツが表示されます。詳細ページでは、ストーリーズに投稿したデータの一覧が表示されます。画面上部では、表示項目や期間を切り替えるフィルターの選択ができます。
ストーリーズインサイト

あなたがシェアしたコンテンツ - リール

指定期間に公開したリールが表示されます。詳細ページでは、リールに公開した動画の一覧が表示されます。画面上部では、フィードやストーリーズと同様に表示項目や期間を切り替えるフィルターの選択ができます。
リールインサイト

あなたがシェアしたコンテンツ - ライブ動画

指定期間に配信したライブ動画が表示されます。詳細ページでは、ライブ配信中のコメント数・リーチ・ピークの同時視聴者数・ライブ配信中のインタラクションといった指標順に並べ替えることができます。
ライブ動画インサイト

>> Instagramのレポート作成に時間がかかっている方へ。ツールを使ってレポートを自動作成!

フィード投稿のインサイト

投稿からインサイトを表示するには、投稿の左下の「インサイトを見る」をタップします。すると一部のインサイトが表示され、その表示を上にスライドすると、すべてのインサイトを見ることができます。
投稿インサイトの見方

「インサイトを見る」をタップしたあと、最初の表示で確認できるアイコンとその内容は以下の通りです。

  • ハート(いいね!)
  • 吹き出し(コメント)
  • 紙飛行機(シェア)
  • しおり(保存済み):投稿を保存したユニークアカウント数
  • プロフィールへのアクセス:プロフィールが閲覧された回数
  • リーチ:投稿を見たユニークアカウント数

この画面を上にスライドして全体を表示すると、以下の項目が見られます。

インタラクション数

  • この投稿から実行されたアクション:この投稿からプロフィールに閲覧された回数や返信数などの合計数
  • プロフィールへのアクセス:この投稿からプロフィールが閲覧された回数
  • 返信:この投稿への返信数 など

 

発見

  • リーチしたアカウント:投稿を閲覧したユニークアカウント数。その下に、フォロワーではないアカウントが何%含まれているかを表示します。
  • フォロー数:この投稿からフォローしたアカウントの数
  • リーチ数
  • インプレッション数
    • ハッシュタグ:ハッシュタグを検索した時に表示される一覧 
    • ホーム:ホームボタンを表示した時に表示されるフィード
    • プロフィール:プロフィールを表示した時に表示されるフィード

投稿ごとのインサイトは、直近の投稿結果を確認する際に役立ちます。主に確認したい箇所は、投稿への反応数やリーチ(普段より多いか少ないか)、そしてインプレッションの経路です。
特にインプレッションの経路は必ずチェックしておくようにしましょう。「ホーム」でのインプレッションが多ければフォロワーに、「ハッシュタグ」のインプレッションが多ければフォロワー外のユーザーによく見られているということになります。

ストーリーズのインサイト

管理者の場合、ストーリーズ画面の左下に既読人数が表示されます。画面を上にスライドするか、既読人数をタップすると、詳細なインサイトが確認できます。ストーリーズインサイトの見方

上部にある目のアイコンの横には、ストーリーズの閲覧数が表示されます。また、目のアイコンをタップすると、ストーリーズを閲覧したアカウントの一覧が表示されます。この閲覧数と閲覧したアカウント一覧は、48時間を経過すると表示されなくなります。誰に見られたか記録を残しておきたい場合は、48時間経過前にスクリーンショットなどを撮るようにしましょう。
グラフのアイコンをタップすると、ストーリーズで実行されたアクションなどの詳細が見られます。こちらの項目は、48時間以降もデータとして保存されます。詳細ページ内の項目は以下の通りです。

インタラクション数

  • このストーリーズから実行されたアクション:このストーリーズからプロフィールが閲覧された回数やスタンプのタップ数などの合計
  • プロフィールへのアクセス:このストーリーズからプロフィールが閲覧された回数
  • スタンプのタップ数:写真または動画で、位置情報やハッシュタグ、メンション、商品スタンプがタップされた回数 など

発見

  • リーチしたアカウント数:このストーリーズを閲覧したユニークアカウント数
  • インプレッション数: ストーリーズが再生された回数
  • フォロー数:このストーリーズからフォローしたアカウント数
  • ナビゲーション:「閉じる」「進む」「戻る」「次へ」などの合計数
  • 次へ:閲覧者がタップして次のストーリーズを表示した回数
  • 次のストーリーズに移動:次のアカウントのストーリーズに移動するためにタップされた回数
  • ストーリーズからの移動数:ストーリーズから移動するためにタップされた回数

ストーリーズは基本的に24時間で消えるため、公開中はこまめにストーリーズインサイトで数値をチェックしておきましょう。特に閲覧者リストは48時間で閲覧ができなくなってしまうため、どんな人が見てくれているのかを定期的に確認しておくことをおすすめします。

なお、ストーリーズの公開終了から30日経つとインサイト内のストーリーズ一覧ではコンテンツが削除されますが、「アーカイブ」からストーリーズを表示して上にスワイプすると、インタラクションや発見の数値は確認ができます。
過去のストーリーズインサイト

リール動画のインサイト

2021年5月、リール動画のインサイトが追加されました。
リールのインサイトは、リール動画上にある3点リーダー「…」をタップし、「インサイトを見る」をタップすると表示されます。
リールのインサイト
リール動画のインサイトで表示される項目は以下の通りです。

発見

  • リーチしたアカウント数:このリール動画を閲覧したユニークアカウント数
  • 再生数:リール動画が再生開始された回数。1ミリ秒以上の再生が行われた場合にカウントされ、リプレイは除外されます。

インタラクション

  • いいね!:リールへの「いいね!」の数
  • コメント数:リールへのコメントの数
  • シェア数:リールがシェアされた回数
  • 保存数:リールが保存された回数

ライブ動画のインサイト

2021年5月、リール動画と同時にライブ動画のインサイトも追加されました。
ライブ配信後、IGTVとしてアーカイブを残さず動画を破棄してもインサイトデータは保存されます。
インサイト概要からは過去30日までのライブ動画しか表示されませんが、ストーリーズと同じように、「アーカイブ」から「ライブアーカイブ」を選択すると、過去30日以上のライブ動画も閲覧数などが確認できます。
過去のライブインサイト
ライブ動画のインサイトで確認できる項目は以下の通りです。

発見

  • リーチしたアカウント数:ライブ動画を3秒以上見たユニークアカウント数
  • ピークの同時視聴者数:ライブ動画を同時に見ていたユニークアカウントの最大値

インタラクション

  • コメント数:ライブ動画中に寄せられたコメントの数です。

ただし、上記はいずれも2021年6月現在で「開発中の推定値である」との注意書きがあるため、参考値として認識しておくと良いでしょう。

ツールの活用で、インサイト分析を効率化しよう

ここまでInstagramインサイトで閲覧できるデータについて説明してきましたが、Instagramインサイトは、スマートフォンやタブレット端末のアプリからしか確認ができず、データのCSVダウンロードもできません。
また前述の通り、期間指定が「過去7日間」「過去30日間」のように区切られており、任意の期間で指定して数値を確認することもできなくなっています。

このため、社内で運用の結果を報告しなければならないSNS運用担当者にとっては、他のSNSと比較してもレポートの作成が非常に困難なSNSであると言えます。そこで、インサイトデータをPCから確認でき、数値も見やすく整理ができるツール「コムニコ マーケティングスイート」をご紹介します。

コムニコ マーケティングスイートは、SNSアカウント(Facebook、Twitter、Instagram)の投稿管理や効果測定を効率化するクラウドツールです。Instagramインサイトについては、主に以下の項目が集計できます。
※コムニコ マーケティングスイートでInstagram分析を使用するには、Facebookページに連携したInstagramアカウントである必要があります。

フィード投稿やストーリーズ投稿ごとのデータ

投稿ごとに、リーチやインプレッションなどのデータが確認できます。ストーリーズの一覧データは、コムニコ マーケティングスイートでは1年間保存されます。
コンテンツ分析

フォロワーデータ

フォロワー数の推移や増減数、フォロワーの属性などの情報を確認できます。Instagramインサイトよりも見やすくまとめられ、数値がCSVでダウンロードできます。
フォロワー属性

カスタムサマリー

自社のKPIに合わせてサマリーをカスタマイズできます。表示方法も、集計値・グラフ・表などから選択可能。見るべき項目や目標値の設定で、日々の数値のチェックを簡単にし、リアルタイムで進捗を把握しながら毎日の運用に役立てましょう。
カスタムサマリー

そのほか、アクション数やリーチ数の推移なども詳細に確認できます。コムニコ マーケティングスイートのWebサイトや以下の記事でさらに詳しく解説していますので、興味があればぜひご覧ください。
関連記事 >> Instagram分析ツールを導入して、アカウント運用を効率化しよう

Instagramレポートフォーマット
Instagramのレポートの作成にお困りの方は、以下のフォームからレポートのフォーマットが無料でダウンロードできますので、ぜひご活用ください。フォームを送信いただくと、メールにてお届けいたします。
フォームが表示されない方はこちら

まとめ:インサイトのデータを活用して、反応の良い投稿をしよう

Instagramのインサイトは、いろいろな場所で異なるデータを閲覧できるので、どこでどんな情報が確認できるのかを押さえておきましょう。データを俯瞰的に見てみると、いいね!は少なくても、保存が多い画像など、投稿の特性がみつかるかもしれません。

もちろん、全部のデータを毎日見る必要はなく、定期的にKPIとして決めた数値を追えばよいでしょう。Instagramでのユーザーエンゲージメントを高めるために、ぜひインサイトを使いこなしてください。

また、InstagramだけでなくSNSアカウント(Facebook・Twitter・Instagram)での投稿管理や効果測定にかける作業を大幅に軽減するクラウドツール「コムニコ マーケティングスイート」をぜひご活用くださいね。

コムニコマーケティングスイート