Instagramのハッシュタグ選定で必要な考え方と活用事例

Instagramのハッシュタグ選定で必要な考え方と活用事例

ハッシュタグ検索やハッシュタグフォローなど、Instagramを利用するユーザーにとって「ハッシュタグ」は非常に身近な存在です。使い方ひとつで新規フォロワーへのリーチが伸びることもあり、最大30個のハッシュタグをいかに使うべきか、お悩みのマーケティング担当者も多いでしょう。

この記事では、ハッシュタグについての基本的な知識を中心に、Instagramでのハッシュタグの選び方やハッシュタグをうまく使いこなしている企業事例をご紹介します。

ハッシュタグ(#)とは

ハッシュタグとは、番号記号「#」(ハッシュ)の後ろにキーワードとなる言葉を入れたものです。
ハッシュタグは、SNS上の情報を整理するため、2007年にクリス・メッシーナ氏がTwitterで提唱したことをきっかけに、主要なSNSで使用されるようになりました。ハッシュタグには、地名やブランド名のような固有名詞に加えて、モーメントや感情を表すフレーズなど幅広く使われています。多くのSNSでハッシュタグはリンクが付与されており、クリックすると同じハッシュタグを使っている投稿を一覧で表示できるようになっています。

設定の際は以下に注意しましょう。

■ハッシュタグの設定の注意点

  • 特殊記号、句読点、スペースが含まれていないか
  • 「#」が全角になっていないか(半角で使用)
  • 「♯(シャープ)」になっていないか
  • ハッシュタグの文字数制限を超えていないか(Androidで150文字、iOSで99文字)

Instagramでハッシュタグを活用する理由

ハッシュタグは、多くのSNSで利用できますが、特にInstagram、Twitterでの活用が顕著です。しかし、2つのSNSでは若干、ハッシュタグの使われ方のニュアンスが異なります。

Twitterはリアルタイム性の高いSNSであることから、共通のタイミング、同じ時間を過ごしていることを共有するようなハッシュタグが使われる傾向がある一方、Instagramでは撮影対象を明示したり、趣味嗜好や所属コミュニティを表すために使用される傾向があります。

■Twitterでよく使われるハッシュタグ例

テレビ放送で同じ時間を共有する #バルス
関心の高い記念日を投稿する #猫の日 #ツインテールの日
今、起きていることを共有する #地震

■Instagramでよく使われるハッシュタグ例

撮影対象を明示する #ブランド名 #商品名 #地名
趣味や所属示すコミュニティハッシュタグ #○○好きさんと繋がりたい #ちーむyymm #○○部


Instagramで拡散を狙うには、フォロワー以外のユーザーにも投稿を見つけてもらいやすい状態をつくることが大切であり、ハッシュタグはそのカギとなります。

Instagramハッシュタグは最大で30個まで付けることが可能です。2017年よりハッシュタグのフォロー機能が登場し、ハッシュタグ経由で投稿を見るユーザーが増加したと考えられます。適切なハッシュタグを使って投稿の露出機会を増やしましょう。特に最近は、ハッシュタグをたどりながら情報を探すような活用(タグる)が若い世代で広がっており、ハッシュタグを上手に活用することでInstagramの拡散力を上げることができます。

なお、ブランドや企業独自のオリジナルハッシュタグ(ブランドハッシュタグ)を作り、ユーザーにも利用してもらうことで、ハッシュタグを定番化させていくこともできます。オリジナルハッシュタグを広めるためには、投稿のリポストやハッシュタグ投稿キャンペーンなどを企画してみると良いでしょう。

ハッシュタグの考え方・選び方

ハッシュタグは単純に投稿数の多いものを選べば良いわけではありません。大切なのは投稿した写真に関連しているハッシュタグを大・中・小のテーマ別にバランス良く選定することで投稿を見つけてもらえる可能性が広がります。できれば所在(ブランド名、機種名、メーカー名、地名)とコミュニティ(#○○好きさんと繋がりたい など)の双方を明確にするようにします。なお、テーマの大中小は、投稿数のボリュームにも影響します。

ハッシュタグの選び方

■小テーマ・スモールハッシュタグ

「#社名」「#ブランド名」「#商品名」など投稿写真に関する企業アカウント独自のハッシュタグです。社名やブランド名、キャンペーン用のタグを入れましょう。
ハッシュタグのボリューム目安は、最大数千ほどです。

■中テーマ・ミドルハッシュタグ

投稿写真に関する「#商材・カテゴリー」などを選びましょう。投稿を目にしたユーザーにこの投稿が何なのかをしっかりと伝えることが目的です。ハッシュタグのボリューム目安は1万〜10万ほどです。

■大テーマ・ビックハッシュタグ

投稿に関連する、世間的に広く認知されている単語や言葉を選びましょう。「#固有名詞」の他に「#insta〇〇」「#〇〇好きさんと繋がりたい」「#〇〇部」などInstagram内で流行しているハッシュタグを選ぶとより検索されやすくなります。ハッシュタグのボリューム目安は、100万以上です。

企業が投稿を届けたいユーザー層に向けたハッシュタグと、ユーザーが興味を持って検索するハッシュタグが一致すれば、投稿を見つけてもらいやすく、エンゲージメントも高まる傾向にあります。

また、ハッシュタグは大・中・小テーマに沿って付けるほか、時節やタイムリーな話題に合わせたハッシュタグを加えることも効果的です。話題のハッシュタグは、芸能人や人気インスタグラマーなどが使用しているものをチェックしてみるとよいでしょう。

ハッシュタグの投稿数(人気度)はInstagramの検索窓から調べることができます。
検索窓に「猫」「ねこ」「cat」と入れた場合の検索結果を見てみましょう。

ハッシュタグ数の調べ方

投稿数が多い、人気のハッシュタグは、多くのユーザーの目に触れるチャンスがある一方で、大量の投稿に埋もれてしまうこともあります。前述の大・中・小のハッシュタグをバランスよく取り入れるようにしましょう。

検索結果のトップに投稿が表示されると、投稿はより見つけてもらいやすくなります。トップ投稿入りを目指す場合は、投稿数が1万件以上20万以下のハッシュタグを選ぶと入りやすくなる傾向があります。

例えば、「#アメリカ」(投稿数189万件)のみで投稿するよりも「#アメリカ2019-08-07_12h10_21」(投稿数2.5万件)と国旗絵文字も加えて投稿した方がトップ投稿に表示される可能性が高い傾向にあります。また、投稿に関するキーワードを入力するとハッシュタグを検索できるツール(ハッシュタグレコメンドツール)もありますから、ハッシュタグ選びに困ったときに利用してみるのも良いでしょう。

SNS運用管理ツールコムニコ マーケティングスイートの「クチコミ分析」機能をつかって、投稿で一緒に使われているハッシュタグからハッシュタグ候補を考えることもできそうです。

>>「コムニコ マーケティングスイート」の無料トライアル・資料請求はこちら<<

オリジナルハッシュタグ(ブランドハッシュタグ)の活用

オリジナルハッシュタグ(ブランドハッシュタグ)とは、独自の用語を使ったそのブランドだけのハッシュタグです。自然発生的に生まれることもありますが、公式アカウントが使うことでそのファンたちにも広がることがあります。キャンペーン投稿から、ブランドとして認知されて使用されるようになったハッシュタグもあり、多くのUGCを創出しています。
オリジナルハッシュタグには、以下のようなものがあります。

#Galaxyカメラ部(投稿約 12万件)
#Galaxyカメラ部 のハッシュタグは12万件あり、Galaxyで撮影した写真が確認できます。

#ララ嫁 (投稿約4.3万件)
結婚式場のララシャンスで結婚式をあげる花嫁をララ嫁と呼び、そのハッシュタグで写真を投稿しています。全国展開しているため、様々なエリアの式場の様子がわかります。

#みてみて一条(投稿約 1.7万件)
一条工務店の物件写真が#みてみて一条 のハッシュタグで投稿されています。一条工務店で施工した自宅のお気に入りポイント、こだわり設備などが投稿されています。

#anaタビキブン
ANAでは #anaタビキブンのハッシュタグで旅の思い出を募集しており、公式アカウントで紹介しています。様々な旅の思い出がシェアされています。

参考記事:クチコミを増やし、UGCを生むSNS時代のコミュニケーション施策

なお、キャンペーンを開催するときにもオリジナルハッシュタグを使うことが多くあります。Instagramの場合はフォトコンテストの参加要件として、ハッシュタグをつけて応募することになっていたり、上記のANAの事例のようにハッシュタグのついた投稿をUGCとして紹介することもあります。オリジナルハッシュタグは、該当の投稿を抽出するためにも活用できることを覚えておきましょう。Instagramのキャンペーンについては以下の記事を参考にしてください。

参考記事:【2021年版】UGCを生み出す!Instagramキャンペーン最新活用事例

ハッシュタグ流入の効果測定

Instagramをプロアカウントにして、投稿インサイトを表示すると、ハッシュタグ経由のインプレッションを確認できます。また、フォロワー外からのアクセスの割合も表示されます。ハッシュタグ経由のインプレッションが多くて、フォロワー以外に拡散しているようであれば、ハッシュタグをうまく活用できていると考えられます。いろいろなハッシュタグを試して反応を見てみましょう。インスタ投稿インサイト

Instagramインサイトについては以下記事をご覧ください。分析・解析方法を解説しています。

参考記事:【2021年最新版】Instagramインサイトを使った分析・解析方法を徹底解説!

ハッシュタグを上手く使っている事例

 

■北欧、暮らしの道具店

北欧デザインの生活雑貨をメインに、シンプルなデザインのキッチンウェア、日用品、ファッションなどを取り扱うショップのアカウントです。大テーマから小テーマまでをバランス良く、日本語だけでなく英語も使い上手く用いています。

■Galaxy Mobile Japan

Galaxyの端末で撮影した写真をメインに全国各地の写真を投稿しています。「#GalaxyMagic」というタグを付けている投稿では、上記のように「スマホ撮影の常識を覆す魔法のような撮り方」を紹介しています。このハッシュタグ以外にも「#Galaxyカメラ部」を始め、撮影に関するハッシュタグを大テーマから小テーマまで網羅して使っています。

■東京女子部 Produced by OZmall

東京女子部 Produced by OZmallは、みんなが体験した素敵な場所やコトをシェアするお出かけ好き女子のためのコミュニティで、一般のユーザーの投稿のうち「#東京女子部」のハッシュタグがついた投稿を編集部がピックアップして投稿しています。ハッシュタグを作って、ユーザーのコミュニティを形成している事例です。

■文具 文房具 手帳 和気文具

創業1926年の老舗文房具店 和気文具では、文具の活用方法を実例とともに紹介しています。特に手帳や筆記具での表現について力を入れています。大テーマから中テーマ、小テーマまで、一つの投稿にハッシュタグをまんべんなく網羅しています。

まとめ:最大30個までのハッシュタグを活用しよう!

企業のInstagram投稿の拡散性を上げるために、ハッシュタグ選定はとても重要です。投稿した写真に関連したハッシュタグをテーマ別にバランスよく付けることで、露出が増えたくさんのユーザーを投稿に誘導することができます。

工夫を凝らしたオリジナルハッシュタグ(ブランドハッシュタグ)を育てることも行っていきたいところです。いろいろなハッシュタグにトライしてベストなハッシュタグを見つけましょう。ハッシュタグを考えるときには、「コムニコ マーケティングスイート」のクチコミ分析の活用もご検討ください。

SNS運用管理ツールのコムニコ マーケティングスイートを活用すると、他担当者のチェックを承認フローの形で設定することができ、ダブルチェックやプレビューが可能です。企業アカウントにおいては特に、SNS運用管理ツールを使用することで円滑に運用することができますので、ぜひご検討ください。

>>コムニコ マーケティングスイートの無料トライアル・資料ダウンロードをする<<
コムニコマーケティングスイート