Instagram運用代行を委託するメリット・費用感は?おすすめの代理店まとめ

Instagram運用代行を委託するメリット・費用感は?おすすめの代理店まとめ

10~20代の若者や女性が多く利用しているInstagram。ブランディングやプロモーションのために活用したいという企業も多い一方で、一度アカウントを開設すれば、ユーザーを楽しませるコンテンツを定期的に更新していく必要があるため、社内では人やアイデアを賄いきれないという企業もあるかと思います。

そこで検討したいのが、Instagramの運用代行です。この記事では、ただフォロワーやいいねを増やすのではなく、KGIやKPIを定めて並走できるInstagram運用のプロに委託するメリットと、おすすめの代理店をいくつかご紹介します。

Instagram運用代行とは

Instagramを運用したいけれど、社内にリソースやノウハウがないという場合に、外部のプロに運用を委託することです。
委託先やサービスプランの内容にもよりますが、委託できる業務には以下のようなものがあります。

■ Instagram運用代行で依頼できる業務(例)

  • 運用プラン設計
  • Instagramアカウントの開設
  • 投稿コンテンツ企画
  • 投稿テキスト制作
  • 投稿用画像・動画制作
  • 投稿代行
  • Instagramアカウント分析レポート
  • コメント確認・返信対応
  • キャンペーン企画・実施
  • インフルエンサー活用
  • SNS広告運用
  • フォロワー調査(効果検証)
  • 炎上リスク対策 など

Instagram運用のプロに委託すると、これまでの蓄積されたノウハウによって、最短で成果が上がりやすくなります。
また、最適なコンテンツの表現やユーザーとのコミュニケーションにも慣れており、ただフォロワーやいいねを増やすのではなく、好意形成をしながらの運用が可能となります。

Instagram運用を外部委託するメリット・デメリット

Instagram運用の外部委託には、メリットとデメリットがあります。これらも踏まえて、委託を検討するようにしましょう。

Instagram運用代行のメリット

  • 運用にかかる人手や時間を減らすことできる
  • 高いクオリティのコンテンツを安定的に投稿できる
  • トレンド(新機能や流行のエフェクトや音源など)を取り入れたコンテンツやキャンペーンを提案してもらえる
  • 豊富なノウハウを持ったプロの運用により成果につながりやすい
  • 炎上のリスクを低減できる

Instagram運用代行を活用するメリットは、「工数削減」「プロによる高い成果」の大きく2つだと言えます。

投稿の企画や制作、レポートの作成や成果の分析まで任せることができるので、Instagram運用にかかる人手や時間を大幅に削減することができます。

また、様々なアカウントの運用を経験しているプロが、そこから蓄積したノウハウを活用してコンテンツの制作や企画の立案などを行うため、成果につながりやすいことや、新機能の情報などもいち早くキャッチアップし、効果的に活用できることなども大きなメリットです。

Instagram運用代行のデメリット

  • ある程度の費用がかかる
  • 自社にInstagram運用のノウハウが蓄積されにくい可能性がある

一方、Instagram運用代行を活用するデメリットは、「費用」「社内にノウハウが蓄積されにくいこと」の2つです。

運用代行を活用する場合、ある程度の費用がかかることは仕方のないことです。ただ、委託する場合と同じレベルの運用ができる人材を採用、あるいは育成し、社内に運用体制を整える時間とコストを考えると、委託する方が安く、早く成果にたどり着けるという考え方もできます。

また、外部に委託することで、自社にノウハウが蓄積されにくいというデメリットもありますが、いずれは自社で運用できるように自走支援をしている会社もあります。最初はコンサルティングやレポーティングだけを委託して、同時並行的に自社にもチームを立ち上げて育成し、いずれは社内に一本化するという方法もおすすめです。

依頼できる業務内容

Instagram運用代行では、主に次のような業務を依頼できます。
委託先やサービスプランによって依頼可能な業務範囲は異なるため、価格や実績だけでなく、どこまで依頼できるのか、投稿や定例の頻度はどれくらいかといった要件も確認して決めるようにしましょう。

投稿の企画

月間、あるいは年間で、投稿の企画案を作成し、提案してくれます。余裕をもって計画を立てていくことで、季節やイベントに合わせて訴求性の高い投稿を練ることができるようになります。また、Instagram内のトレンド(新機能や流行のエフェクトや音源など)を取り入れた企画の提案を受けることもできます。

投稿コンテンツの作成

企画をもとに、投稿テキストや画像・動画を作成します。安定したクオリティで投稿が続けられることはもちろん、フィード投稿だけでなく、ストーリーズやリールなどの機能も場合によって使い分けながら、成果につなげていきます。

投稿の分析、運用レポート

1ヵ月に1回などのペースで、投稿コンテンツのリーチ数やいいね数、コメント数、アカウントのフォロワー数の推移などを分析して、運用レポートを作成します。Instagram上の数字だけでなく、投稿からサイトへの流入や、商品の購入につながったかなどのコンバージョンをレポートしてもらえる会社もあります。

投稿の改善提案・コンサルティング

分析結果や運用レポートから、今後どのように投稿を改善すれば、目指す成果が上げられるかをアドバイスします。別途コストはかかりますが、広告の利用やプレゼントキャンペーン、インフルエンサーの起用で高い成果が得られる場合もあるので、そういった提案もしてもらえるような企業に依頼するのがいいでしょう。

いいね、コメント返信(アクティブサポート)

ユーザーとのコミュニケーションとして、企業の投稿に対するユーザーコメントへのいいねや返信を行います。また、企業や製品、サービスに関連する話題を発信しているユーザーを見つけてコメントし、ユーザーのロイヤリティを高めるアクティブサポートに対応してくれるものもあります。

広告の提案・運用

Instagram広告の提案や企画、運用、効果検証を行ってくれます。広告は、媒体特性を理解したうえで戦略設計や運用を行うことが必要です。そのため、出稿実績やノウハウがあるプロに運用を頼むことで、より高い成果を上げることができるようになります。

Instagramアカウントの初期構築

これからアカウントを立ち上げる場合は、アカウントの開設や方針策定など初期構築から依頼することもできます。

炎上リスク管理

自社に関するコメントを監視し、スパムや誹謗中傷があれば削除・通報したりするコメント監視などを通して、炎上の兆候をいち早く発見し、対応をサポートします。

 

ほかにも、まだまだ依頼できる業務はあります。これらの業務の一部分を依頼することもできますが、企画から投稿、レポーティングなどの一連の業務を任せる方が、全体でPDCAを回して運用を最適化できるため、効果も高まっていきます。

また、かかる費用は会社によって異なりますが、相場よりも安い場合は業務の一部分や作業的な業務だけを担うケースや改善提案などがない場合もあります。自社の目的や費用感に合わせて、対応項目を確認しましょう。

何を自社で担当し、何を依頼すればいいのかが分からないという場合は、プランニングから運用代行・コンサルティング・効果検証まで、ワンストップで支援している企業に一度相談してみましょう。そうすることで、自社にとって必要なサポートや、予算に合わせたプランを知ることができます。

Instagram運用についてコムニコに相談する>>株式会社コムニコに相談してみる<<

Instagram運用代行・外部委託の相場

では、運用を外部に委託するには、一体どれくらいの費用が掛かるのでしょうか。

委託する内容や委託先によっても幅がありますが、企画から投稿作成、分析、レポーティングまで含めて月額20~100万円程度が相場です。一方で、安く抑えたい場合には、たとえばフリーランスの人に投稿作成のみを依頼すれば、月額5万円程度とすることもできます。ただ、フリーランスの場合は、その人がやめてしまえば、またイチから別の人を探さなければならないといったように、長期的に安定した運用ができない可能性もあります。

月額のほかに、初期費用がかかる企業もあります。いずれにせよ、依頼する業務内容、投稿本数やレポート、打ち合わせの頻度などによっても費用は異なるため、まずは依頼したい内容を請け負ってくれる企業に相談し、要件を伝えて見積りしてもらってから比較するとよいでしょう。

Instagram運用代行・外部委託先の選び方

Instagram運用代行を請け負っている会社はたくさんあるので、どこに依頼すればいいのか迷ってしまいます。委託先を選ぶときは、価格や実績、依頼できる業務内容以外のポイントも確認するようにしましょう。

委託先を選ぶときに確認したいのは、主に以下の5つです。

  • 業務内容:委託したいと考えている業務すべてに対応しているか。
  • 価格:業務内容に見合っているか。
  • 実績:自社の事業やサービスと近い会社や業界での運用実績があるか。実績数は豊富か。
  • 体制:運用フローに不足はないか。希望の投稿頻度や投稿クオリティに耐えうるチーム体制になっているか。
  • 報告:レポーティングの内容は十分か。定例会はあるか。今後の運用改善のための提案はしてもらえるか。

これらの項目から、自社が目指す運用に合っているのか、信頼して任せられる会社なのかをしっかりと確認した上で、委託に踏み切ることが大切です。

Instagram運用代行を依頼できるおすすめの代理店

ここでは、Instagram運用代行を提供している代理店とサービス内容について紹介します。
提供サービスの詳細については、各企業にお問い合わせください。また、費用は依頼する要件や投稿頻度によって変動します。

株式会社コムニコ

運用代行ならコムニコ!

https://www.comnico.jp/

株式会社コムニコでは、Instagramマーケティングの戦略立案から運用代行、炎上リスク対策までトータルに支援しています。運用代行では、投稿のプランニングから運用・コンサルティング・効果検証まで、ワンストップで提供します。

SNSの黎明期である2008年よりSNS関連事業を開始しており、Instagramも含めたSNS運用支援実績は、大手企業を中心に1,440件(2013年4月から2022年3月までの累計)にのぼります。運用代行は、コムニコのプランナー・コンサルタント・コンテンツクリエイターがチームを組み、複数名で運用を行います。各分野のプロフェッショナルが、スピーディかつ安定した体制で運用をサポートするので、安心してお任せいただけます。

運用代行だけでなく、Instagram広告運用、インフルエンサー活用、フォロワー調査(効果検証)、セミナー/勉強会の開催などにも対応しています。SNS運用管理ツール「コムニコ マーケティングスイート」やTwitter・Instagramキャンペーンツールの「ATELU」の開発・提供も行っています。

【依頼できる主な業務】

  • 初期構築
  • SNS運用プランニング
  • アカウント開設
  • 体制構築支援
  • 炎上リスク対策
  • 投稿コンテンツ企画・制作
  • アカウント運用代行
  • アカウントコンサルティング
  • アカウント分析レポート
  • コメント監視/返信対応
  • 運用支援ツール提供
  • キャンペーン企画・運用

【費用の目安】

運用代行 月額40万円〜
部分的なサポートの場合は都度見積もり

>>コムニコ会社概要・サービス案内資料

 

テテマーチ株式会社

運用代行紹介:テテマーチ
https://tetemarche.co.jp/account-counsul/

テテマーチ株式会社は、戦略設計から投稿コンテンツの制作、運用業務、分析までトータルで支援しています。創業から約6年間SNSの運用を行っており、700社以上のプランニング実績があります。
3つのプランがあり、内容に応じて金額が異なります。

【依頼できる主な業務】

  • コンセプト設計
  • 運用マニュアル作成
  • 投稿企画・管理
  • 運用レポート
  • 定例ミーティング

【費用の目安】

月額40万円〜

 

株式会社ガイアックス

運用代行紹介:ガイアックス

https://gaiax-socialmedialab.jp/service/account/

ソーシャルメディアやマーケティングの情報サイト「ソーシャルメディアラボ」を運営する株式会社ガイアックスが提供しているSNSアカウント運用代行サービス。
企画・投稿・レポーティングという一連の運用のほか、テレビCMやオフラインイベントと連動したInstagramキャンペーン企画、Instagram広告出稿など、多岐にわたる支援を行っています。

【依頼できる主な業務】

  • 投稿企画・コンテンツ作成
  • 投稿代行
  • コメント監視・返信
  • 月次レポート/定例MTG実施
  • 改善/企画提案

【費用の目安】

都度見積り(初期コンサル費用+毎月の運用サポート費用)

 

株式会社ホットリンク

運用代行紹介:ホットリンク

https://www.hottolink.co.jp/service/instagram/

株式会社ホットリンクは、ソーシャルビッグデータとデータ解析技術、独自のメソッドを用いたSNSマーケティング支援サービスを提供しています。Instagramでは、アカウントの運用代行に加え、コンサルティングやInstagram広告運用などに対応しています。

【依頼できる主な業務】

  • 戦略策定とアカウント設計
  • 定期的なミーティングの開催
  • チャットツールを使った相談
  • 自社運用化支援
  • データ分析
  • 企画提案・クリエイティブ制作

【費用の目安】

都度見積り

 

ソーシャルワイヤー株式会社

運用代行紹介:FindModel

https://find-model.jp/instagram/

ソーシャルワイヤー株式会社が提供するSNSのトータルソリューションブランド「Find Model」では、Instagramのアカウント運用代行も行っています。別途インフルエンサーマーケティング事業を行っており、インスタグラマーが制作するコンテンツに強みがあります。

【依頼できる主な業務】

  • サポートデスク
  • レポート作成
  • 改善/施策MTG

【費用の目安】

月額10万円~(投稿文作成は20万円~、画像や動画作成は30万円~)

 

株式会社SAKIYOMI

運用代行紹介:SAKIYOMI

https://sns-sakiyomi.com/

Instagramの運用代行と運用支援ツールを提供している株式会社SAKIYOMIでは、アカウント立ち上げ時の市場分析や戦略提案から、コンテンツ配信、PDCAの実施、さらにはインスタライブの実施まで、幅広くサポートしています。
100以上の運用データとデイリーのPDCAで、アカウントを成長させてきた実績を持っています。

【依頼できる主な業務】

  • 市場理解・カスタマージャーニーの作成
  • アカウントコンセプトの作成
  • 投稿方針・トンマナ・表紙フォーマットの作成
  • レポーティング・振り返り
  • プレゼントキャンペーンの実施

【費用の目安】

月額35万円~

 

株式会社ニット

運用代行紹介:HelpYou

https://help-you.me/service/marketing/

株式会社ニットが提供するオンラインアウトソーシングサービス「HELP YOU」では、SNSマーケティングをはじめとする様々な業務の代行サービスを提供しています。
コンテンツの作成や投稿、運用スケジュール作成、解析レポート作成などを代行しますが、Instagramの戦略策定などより専門性の高い業務は、別途「HELP YOU +plus」のサービスを利用する必要があります。

【依頼できる主な業務】

  • 画像選定、画像編集、動画編集
  • 予算管理、制作進行管理
  • Instagramの投稿
  • 運用スケジュール作成
  • Excelデータ処理、解析レポート作成

【費用の目安】

月額10万円(契約期間6ヶ月、実働30時間)~

まとめ:自社にマッチした運用代行会社を選ぼう

Instagram運用は社内で行うこともできますが、そのためにはノウハウを持った専任の担当者の雇用や、チームの構築が必要です。既存の社員を育てることもできますが、育成には時間がかかるうえに、ノウハウが蓄積しないうちは、成果を上げるのも一苦労です。また、運用はある程度の頻度で継続的に行っていく必要があるため、社内であっても人的コストはかかります。

一方で、Instagramの運用代行会社には、運用に必要な経験とノウハウがすでに蓄積されているため、望む成果がいち早く得ら得られるようになります。依頼できる業務内容やかかる費用は会社によって異なるため、自社の目的や予算に合った会社を探しましょう。いくつかの候補に絞れたら、実績数や自社に近い業界での運用経験の有無などを比較し、実際に話を聞いてみるのがおすすめです。

コムニコでは、Instagramの運用代行に特化したプロフェッショナルチームを結成し、運用をご支援します。ご関心のある方はぜひ一度お問い合わせください。

Instagram運用についてコムニコに相談する

Instagramだけでなく、TwitterやFacebookなど、他のSNSもまとめて委託したい場合は、こちらの記事も参考にしてみてください。
参考記事:SNS運用代行を委託するメリット・料金相場は?おすすめの代理店7選

※記事内で紹介したサービス内容は変更されている可能性があります。最新の情報については、各社に直接お問い合わせください。