クチコミ分析

SNS上のクチコミを調査

SNS上でのユーザー投稿(UGC)には、製品やブランドをより良くするためのヒントが眠っています。
UGCを収集し、自社についてどんなことが言及されているか、定期的に調べてみましょう。

コムニコ マーケティングスイートのクチコミ分析は、TwitterとInstagramに対応しています。
ブランドや製品に関するハッシュタグ(Twitterはキーワードも可)を登録しておくと、これらを含む投稿を自動で収集。投稿数の推移、投稿一覧、投稿に含まれる頻出単語、各投稿の反応数などを確認できます。

point 1:

製品やブランドに対するクチコミ投稿をチェック

製品やブランドに対するクチコミ投稿をチェック

UGC(User Generated Content=ユーザー生成コンテンツ)は、ブランドとユーザーの新たな出会いを作り出したり、その投稿を見た人の製品イメージを変えたり、購買行動にも影響を与えることができる重要なコンテンツです。
自社の製品やブランドがSNS上でどのように語られているか、定期的にチェックするようにしましょう。クチコミ投稿から、製品の改善やSNS運用のヒントが得られるかもしれません。


point 2:

ワードクラウドで周辺キーワードを調査

ワードクラウドで周辺キーワードを調査

収集した投稿の中でよく登場するキーワードを、ワードクラウド形式で表示します。
周辺キーワードを調べることで、クチコミの傾向を把握できます。
例えば、製品の何について語られることが多いのか、キャンペーン前後でクチコミの内容にどのような変化があったかなどを調べることも可能です。


point 3:

AIを使用したポジネガ分析

AIを使用したポジネガ分析

投稿の内容がポジティブであるかネガティブであるかをAIが判定し、自動でラベリングします。
それぞれの投稿数はグラフで推移表示が可能。
自社に関するクチコミはポジティブとネガティブのどちらが多いのか、全体感を把握できます。


point 4:

炎上の早期発見にも

炎上の早期発見にも

炎上が発生すると、社名や製品に関するツイートが急激に増加します。
これに気付かず対応が遅れると、大炎上に発展する可能性も。
クチコミ分析機能には、1時間あたりの投稿数が設定値を超えた場合にアラートメールを送付する機能があります。異常の検知・炎上の早期発見にご活用ください。

機能一覧

対応SNS Twitter、Instagramに公開された投稿を収集できます。
投稿を非公開設定にしているアカウントからの投稿は収集できません。
投稿数の推移 設定したハッシュタグ(Twitterはキーワードも可)を含む投稿を収集し、投稿数の推移を表示します。
1時間・日・週・月の単位で推移を表示できるため、クチコミ増加の要因分析に役立ちます。
複数キーワードの登録 ハッシュタグやキーワードは【AND】【OR】【NOT】条件で登録でき、最大50件登録可能です。
設定したキーワードごとに推移を表示できます。
製品・ブランドごとなど、必要に応じて設定してみましょう。
ワードクラウド 登録したキーワードと一緒によく使われている単語をワードクラウドで表示します。
登場回数の多い単語は大きく、少ない単語は小さく表示されるので、ひとめで傾向を把握することができます。
ポジネガ分析 収集したクチコミの内容がポジティブかネガティブかをAIが自動判定し、ラベリングします。
ポジティブ・ネガティブな投稿の件数はグラフで推移表示され、全体感の把握に役立ちます。
反応数ランキング 収集したUGCを、反応数が多い順に確認することができます。
どんな投稿が反応を集めているのか、また、どんな人の投稿が反応を集めているのか、確認してみましょう。
投稿に関するデータ 収集したUGCについては、次のデータを確認することが可能です。
投稿日時/投稿内容/投稿者のユーザー名/投稿者のフォロワー数/投稿へのリツイート・引用リツイート・いいね・返信数
アラート設定 1時間あたりの投稿数が設定値を超えた場合にアラートメールを送付します。
設定値は任意の数値を指定できます。異常の検知・炎上の早期発見にお役立てください。
収集数の上限 基本料金内では、1,000件/月の収集が可能です。
1,000件/月を超えて収集を行いたい場合、10,000件追加ごとに3,000円/月の追加料金がかかります。