<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=165725567198380&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

2021年1月にTwitterでトレンド入りするキーワード・ハッシュタグは?昨年データから予想!

2021年1月にTwitterでトレンド入りするキーワード・ハッシュタグは?昨年データから予想!

【関連記事】2020年12月にTwitterでトレンド入りするモーメントは?昨年データから予想!

「いま起こっていること」がリアルタイムにわかるTwitter。
そのなかで、特に話題になっている最新トピックを知ることができる機能が「Twitterトレンド」です。Twitterではトレンド入りしているキーワードをベースに会話が発生することも多く、自社の投稿を広くユーザーに注目してもらうには、トレンドをとらえたコンテンツを発信することが重要です。

トレンドは、事前に予測可能なものもたくさんあります。予測可能なトレンドはしっかりおさえて、トレンドに乗ったコンテンツを発信しましょう。
今回は、2020年1月のTwitterトレンドデータから、2021年1月にトレンド入りする可能性の高いモーメントを予想してみました。

>>> SNS情報をおとどけするメールマガジン登録はこちら!

調査方法

■使用ツール:コムニコ マーケティングスイート
■調査方法:コムニコ マーケティングスイートのライブラリ機能・Twitterトレンドでは、過去1年分のTwitterトレンドを1時間ごとにデータとして取得・保存しています。そこから、2020年1月のデータを収集し、各キーワードのトレンド入り回数を算出。出現回数の多かったキーワードから、記念日・季節・イベントなど、2021年1月も発生する可能性が高いものをピックアップし、2021年のトレンドを予想しました。

なお、ハッシュタグ付きでトレンド入りしていたものはハッシュタグ付きで、ハッシュタグなしでトレンド入りしていたものはハッシュタグなしで記載しています。
実際にツイートする際は、ハッシュタグ付きでの投稿を推奨します。ハッシュタグ付きでツイートしておくと、ハッシュタグあり・なし、いずれの方法で検索した場合にもヒットするためです。

1月のベストモーメントと投稿事例

2020年1月にトレンド入り回数の多かった記念日と、関連した投稿事例を、トレンド入り回数の多い順にご紹介します。なお、カッコ内の数字がトレンド入り回数です。

■1月5日/15日 #いちごの日(28回)
1月5日と1月15日でトレンド入りした #いちごの日 は2日間合計で28回トレンド入りしています。
1月15日のほうが「いちご」関連ツイートが多く、1月15日は他に「イチゴの日(14回)」「苺の日(4回)」も使用されています。

「ニッカウヰスキー【公式】」は、凍らせたいちごを使ったハイボールレシピを紹介。
「市販の冷凍いちごを使うと簡単」と伝えたことで、「今夜試してみる」というコメントが多く寄せられました。香
りにクセのないブラックニッカ クリアがいちごにベストマッチするようです。

「マツダ株式会社」は、いちご > いちごー > 一号 > 初代 という連想をつかって、人気車種の初代車を画像付きで紹介。
みなさまのお好みは、どの"いちご"ですか?」の問いかけで、旧車ファンを中心にコメントが集まりました。
「昔乗っていました」のコメントと共に、愛車の写真投稿も多く、コメント欄も含めて見応えのある投稿となっています。

■1月16日 #ヒーローの日(15回)
「SUNTORY(サントリー)」は、自社飲料を並べ、筆字で仮面ライダーたちの名言を披露。
分かる人には分かる内容に多くのTwitterユーザーが食いつきました。
キャラクター好きやアイドル好きの中には、衣装やイメージカラーからイメージ商品を集めるユーザーもおり、公式が踏襲した形です。

「養命酒 ビンくん」は、ヒーロー風の爆破シーンの写真を投稿。

「待ち受け画像とかにすると元気出ますよん」の呼びかけに応じて「待ち受けにしました」というユーザーコメントがついています。自社商品紹介もユーモアを交えて行うことで、ユーザーに届く投稿になりますね。

 

■1月7日 七草の日(14回)
「キングジム」は、記号をつかった"お椀"モチーフに七草を紹介。
それぞれ改行していることで画面占有率が大きくなり、目立つ投稿となっています。

「長崎バイオパーク公式」からは、ちょっと特殊な七草の投稿。
飼育されているカピバラの画像と共に、覚え歌順で七草を紹介し、中に「カピバラ」を混ぜ込んでいます。
このようにユーザーからのツッコミが多く入る投稿はコメントが多く、反応もいい傾向にあります。

■11月22日 カレーの日(13回)
「ノザキ(ノザキのコンビーフ)公式」は、過去投稿を引用リツイート。
たった3分半で美味しく作れるカレーレシピの紹介を行っています。
過去バズった投稿がある場合は、関連の日に引用リツイートで再掲することもおすすめです。

「SHARP シャープ株式会社」は、カレーレシピの紹介。
自社製品を使った無水カレーのレシピを紹介することで、自社製品だけでなく、レシピサイトも充実していることをアピールできます。また、実際に利用しているユーザーから「材料を入れて待っているだけで美味しく仕上げてくれるから大好き」といったコメントもありました。

まとめ

1月にトレンド入りする可能性が高いモーメントをまとめると、以下のとおりです。(上からトレンド入りの可能性が高い順)

  • 1月5日・15日  #いちごの日(28回)
  • 1月16日 #ヒーローの日(15回)
  • 1月7日 七草の日(14回)
  • 1月22日 カレーの日(13回)

意外なことに、お正月関連のトレンド入りは少なく、「元旦早々」というキーワードで8回のトレンド入りが最高でした。
一方で1月は、いちごの日やヒーローの日、カレーの日など、Twitterユーザーに刺さりやすいテーマが集まっているため、トレンド入りするキーワードを使った投稿でユーザーを楽しませることができれば、新年から好スタートが切れそうです。

【関連記事】2020年12月にTwitterでトレンド入りするモーメントは?昨年データから予想!

We Love Social のメールマガジンでは、昨年のTwitterトレンドをカレンダーにまとめた3ヶ月分の「Twitterトレンドカレンダー」の配布やWeLoveSocialの更新情報をお届けしています。この機会に、ぜひご登録くださいね。

新規CTA