今改めて知りたいLinkedIn(リンクトイン)とは何なのか?

今改めて知りたいLinkedIn(リンクトイン)とは何なのか?

LinkedInとは何か?

日本ではまだまだ認知率、ユーザー数、アクティブ率が低いと言われているLinkedIn。一方で、欧米諸国ではビジネスにはなくてはならないプロフェッショナルネットワークサービスとして不動の地位を確立しています。また、LinkedInのCEO、Jeff Weiner氏は今最も熱いCEOとも噂され、その手腕やビジョンにも期待が集まっています。

今回は改めてLinkedInの現状を知ると共に、ビジネス、マーケティング領域での使いどころをみてみましょう。

LinkedInはビジネス特化型SNS

LinkedInの日本法人では、「ビジネス特化型SNS」という表現をしています。Facebookがリアルの友達や家族とのつながり、Twitterがネットや趣味・関心のつながりであるのに対して、ビジネスで知り合った同僚や上司、パートナー企業、取引先の関係者などととつながるソーシャル・ネットワークです。

LinkedInのユーザー数は、全世界で3億人以上。北米でのユーザー数は2億人に迫る一方、日本国内の登録ユーザーは100万人となっています。

個人としての活用

LinkedInに登録すると、個人のページが用意されます。ここには、学歴や職歴、スキルなどを登録でき、また自分のビジネス上の知り合いをみつけてつながりを作ることができます。また、自分の感心事などをステータスアップデートとして、配信することもできます。

LinkedIn個人のプロフィールページ

LinkedInでは、知り合いではないユーザーをフォローしたり、関連するトピックの情報をフォローすることができ、最新情報を自分のページから確認することもできます。ステータスアップデートや情報の表示はかなりFacebookのニュースフィードに近いイメージです。

LinkedInのフィードにはつながりのあるユーザーやフォローする会社ページの情報が表示される

企業としての活用

LinkedInには会社ページが用意されており、会社の基本情報(住所、連絡先、概要など)に加え、会社の特徴、事業内容などを登録できます。会社ページは従業員がLinkedInのプロフィールに社名を登録するとリンクできます。

会社ページの例

会社ページは、フォローすることができます。フォローしたユーザーには会社ページのステータスアップデートなどがニュースフィードに表示されるようになります。LinkedInでは、配信先をターゲットユーザーで指定でき、会社レベルや業種などど限定配信できるのが特徴です。なおフォロワーの統計情報や会社ページの閲覧状況などは統計データから確認することができます。

情報の配信先をビジネス視点でターゲティングできる

また会社ページには、最大10件までプロモーションページを作成できます。プロモーションページは、英語ではショーケースページと呼ばれており、ブランドや事業内容、トピックなどに特化した内容をまとめるのに適しています。特に、ブランドやプロダクトによって大きくターゲットが異なる場合は、会社ページをフォローしてもらうより、プロモーションページをフォローしてもらったほうが、より最適な情報を配信できます。

プロモーションページの説明

求人掲載は有料

LinkedInというと、リクルーティングというイメージを持つ方も多いかもしれません。実際求人関連の機能も充実していますが、有料サービスとなっています。日本国内の求人掲載で、月額24,700円(2014年11月現在)となっています。

有料で求人票を会社ページに掲載できる

まとめ:LinkedInで存在感を出そう

企業活用として考えた場合、会社ページからの情報発信は業界関係者に向けた存在感のアップのためには欠かせないツールになりそうです。特に欧米では、LinkedInを重要視する企業も多く、積極的に活用しています。

日本国内でも、グローバルでの人材採用を行っている企業は、有料の求人票、広告を配信して、優秀な人材獲得に成功しています。

LinkedInは日本ではまだまだ・・・と思っていると出遅れてしまうかもしれません。まずは個人アカウントの登録と会社ページの基本情報の登録からはじめてみてはいかがでしょうか。

LinkedInに関するご相談はこちらから