<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=165725567198380&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

【2014年7月版】ファン数の規模別・業界別Facebookページの平均リーチ率・反応率

前回の記事、「ファン数の規模別・業界別Facebookページの平均リーチ率・反応率・アクション率を公開」に引き続き、今回も「コムニコ マーケティングスイート」に登録されているFacebookページから、KPIとなる値の平均を算出して「基準値」を紹介したいと思います。

※ただし今回はFacebookインサイトのバグでアクション率が算出できないため「アクション率」は省いております。あらかじめご了承ください。

リサーチ概要

・対象ページ:
 コムニコマーケテインングスイートに登録されているページから約600件のページ
・対象期間:
 2014年1月から2014年6月
・算出した値:
 ファンの規模ごとの1投稿あたりの平均「反応率・ファンへのリーチ率」
 全てのページの1投稿あたりの平均「反応率・ファンへのリーチ率」

用語解説

・ファン数:
 Facebookページにいいね!しているユニークユーザー数
・リーチ数:
 ページ投稿が表示されたユニークユーザー数
・ファンへのリーチ率:
 リーチ数/ファン数
・1投稿あたりの反応率:
 (いいね!数+コメント数+シェア数)/投稿した時点のファン数
・1投稿あたりのアクション率:
 (いいね!数+シェア数+コメント数+クリック数)/リーチ数

では早速見ていきましょう。

ファン規模ごとの平均値は微減

2014年6月時点のそれぞれの平均値を割り出しました。自社のFacebookページの値が平均値から高いのか低いのか判断するときに便利です。
ファン数の規模別Facebookページの平均リーチ率・反応率
※アクション率はFacebookインサイトの不具合により割愛

前回の集計結果と比べると、リーチ率、反応率ともに微減していますが、大きな変化は見られず安定しています。

全体傾向として「リーチ率」は変動なし「反応率」は微増

次に、2014年1月から6月の推移を見てみましょう。約600件のページ全体の平均の反応率とリーチ率をグラフ化しました。
全てのページ
2014年5月に比べて反応率は微増し、リーチ率も安定していることがわかります。

製造業・美容/コスメ/健康・食品/飲料業界の傾向は?

では次に、業界別に見ていきましょう。初めに製造業です。5月に比べるとリーチ率は落ちていますが、反応率は上がっている傾向にあります。
製造業界の反応率リーチ率

二つ目は、美容/コスメ/健康業界の動向です。リーチ率、反応率ともに5月と比べると向上していることがわかりました。
美容/コスメ/健康業界の反応率とリーチ率

同様に、食品/飲料業界でもリーチ率、反応率が向上していることがわかります。
食品・飲料業界の反応率とリーチ率

2013年の12月にリーチが低下したというニュースがありましたが、先月に引き続き、ファンへのリーチ率は堅調に推移していることがわかました。

まとめ

では最後にまとめです。

・2014年の5月にくらべ6月のリーチ率、反応率ともに安定
・業界別にみると美容/コスメ/健康業界、食品/飲料業界がリーチ率、反応率ともに向上

FacebookページのKPI設定や計測は基準がないと難しいので、このブログで定期的に集計データを紹介していきたいと思います。このほかにも運営や効果測定でお悩みの方はぜひご相談ください。
New Call-to-action