<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=165725567198380&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

マーケティング活動の先に笑顔を作る。

林 雅之代表取締役社長

「情報の民主化」の時代

インターネットの発達、SNSやスマートフォンの普及は、大きく世の中の常識を変えました。

それ以前は、情報発信ができるのは、限られたメディアや著名人に限られていたのが「常識」でした。それが今では誰もがいつでも、どこでも情報発信をできるようになり、またそうした情報にアクセスできるようになりました。いわば「情報の民主化」が始まったのです。

大きく常識が変化する中、企業のマーケティング活動も変わらざるを得ません。

マーケティングの先に笑顔を作る

これまでのマーケティングは基本的にテレビなどのマスメディアを通して、企業のメッセージを消費者に伝えることが中心でした。その時どちらかというと、マーケティングは企業の都合でおこなわれていました。

結果として、「見たくもない広告を無理やり見せられる」「必要のないチラシが郵便受けに大量に配られる」「売り込みの電話がいきなりかかってくる」など、情報の受け手の都合を考えないマーケティングがなされているのも事実です。

しかし、情報量が爆発的に増え、情報の受け手もまた情報の発信者である時代において、そうした企業の一方的な情報発信は好まれないだけでなく、嫌われることにつながりかねません。

情報の民主化の時代に適切なマーケティング活動では、情報の受け手の気持ちになって、どうしたら喜んでもらえるかを真剣に考えることが何よりも重要です。いわば、笑顔を作るマーケティングこそが必要とされているのです。

ソーシャルメディアマーケティングの先駆者として、業界を変えていく

そう考えると、企業が消費者と直接コミュニケーションをおこなう場でもある、ソーシャルメディアは企業のマーケティング活動において、非常に重要な位置を占めます。

コムニコは、まだソーシャルメディアという言葉が一般化する以前から、この領域で専門性を高めてきました。コムニコの仕事は一言でいえば、企業のマーケティング活動の先に笑顔をつくる仕事だと言えます。この仕事を通して、日本のマーケティング業界を変えていく。そんな想いで働いています。

チームの勝利を目指して、全力で働き、全力で楽しむ、そんな未来のチームメイトを心から歓迎します!

エントリーする