<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=165725567198380&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

ベンチャー冬の時代? いやいや

Posted by Masayuki Hayashi

既にいろんなところで語られているが、USの大手ベンチャーキャピタルSequoia Capital(セコイアキャピタル)が出資先のベンチャー経営者向けにおこなったというプレゼン資料が興味深い。






参考

マイコミジャーナル:シリコンバレーは冬の時代へ - IPO件数激減、出資者は資金引き上げへ




Youtubeにも出資したSequiaが「足もとのキャッシュフローをしっかり見なさい。極力出費は抑えて、地道に堅実な成長を目指しましょう」と言っているわけで、その意味は大きいと思う。



日本でもIPO数は激減しており、VCの資金引き揚げも既に聞く話。もちろん、融資を受けるのも受け続けるのもより難しくなっている。



極端に一般化すると、ベンチャーとはいえ、ひらめきやアイデアよりも堅実さと経営力が求められる時代ともいえるのかも。



そうなるとよい時代にIPOしたキャッシュリッチな会社はますます有利になる。



当面、将来的に大きな影響力を持つかもしれないような革新的なベンチャーも出てこないかもしれない。今Youtubeが出てきたとして、Seqoiaがそこに出資したがどうかは、この資料を見る限りでは疑問。



そうした状況を肯定するわけでは全くないが現実は見なければいけない。



それに、そういう時代ならそういう時代で戦い方はある。



こんな状況にめげずに頑張るベンチャーが、これからもたくさん出てくれば良いなと思う。



もちろん、ボクもいずれそこに参戦するつもりだ。

新規CTA