at comnico

良品計画さまとセミナーを開催!複数のソーシャルメディアを運営するポイントとは?

こんにちは!コムニコの吉澤です。今回は、2016年8月30日にコムニコで開催したセミナーの様子をお届けいたします。

ゲストとしてお越しいただいたのは、誰もが知るグローバルブランド「無印良品」を展開している、株式会社良品計画 WEB事業部の風間公太さまです!良品計画さまは、Twitter・Facebook・Instagramと主要なソーシャルメディアをすべて運営されているのですが、そのすべてを風間さまがお一人で担当されています。

そこで今回は、複数のソーシャルメディアを運営するポイントを担当者目線でお話しいただきました。

無印良品に学ぶ!複数のSNSを運営するポイント

.jpg.jpeg

無印良品といえば、シンプルで機能性の高いアイテムが揃っているのが特徴ですよね。無印良品のソーシャルメディアアカウントをフォローしていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

\ 当日のコンテンツは下記のとおりです /
第1部:1対100万人の接客 無印良品のソーシャルメディアの取り組み(良品計画:風間さま)

第2部:ソーシャルメディアで反応を得るコンテンツ作成方法と最新トレンド(コムニコ:本門・後藤)

複数運営のポイント!
複数のアカウントを運営するポイントとして、宣材物の作成はソーシャルメディア投稿も想定して行っているなど、部署間の連携が整っている印象を受けました。それぞれのソーシャルメディアを運用する目的を固めることや、投稿スケジュールをきちんと立てることも円滑な運営の秘訣となっているようです。

話題になった投稿はコレ!
当日は、事例も交えてお話ししてくださいました。その中からTwitterで話題になった投稿事例を一つだけご紹介します。2009年に開設されたTwitterに関しては、現時点でフォロワー数が49万人を超える大人気アカウントです。

テレビドラマ「デスノート」の放送に合わせた「デス"ク"ノート」の投稿です。

Twitterに関しては「何か面白いことを言ったほうがいいのだろうか・・・」と悩まれている担当者さまも多いと思います。風間さまは、面白さを目的にする必要はなく、あくまで旬な話題を商品PRに活用することで無印良品との接点のきっかけを作り、その結果が新規フォロワーの獲得に繋がっているとおっしゃっていました!デスクノートの投稿はまさに旬な話題を活用していますね!

まとめ&参考情報

いかがでしたでしょうか。私自身も無印良品が大好きで休日はよく買い物にでかけているのですが、SNSを通して「こんな商品あったんだ!」と店舗では気づけなかった商品を知ることができています。それぞれのSNSアカウントの特徴をうまく使って、新しいファンの獲得に繋げていきたいですね。

第2部では、コムニコからソーシャルメディアで反応を得るコンテンツの作成方法や、Snapchatを含むソーシャルメディアの最新トレンドについてお話しさせていただきました。

当日は台風が心配されていましたが、多くの方にご参加いただくことができました。皆さま、ありがとうございました!

------------------参考情報------------------

以下は、良品計画さまが運営するソーシャルメディアアカウントです。ぜひフォローしてみてください!

9月もセミナー開催します!

コムニコでは今後も定期的にイベントやセミナーを開催する予定です。セミナー情報はコムニコのHPや公式Facebookで発信していきますので、ソーシャルメディアのご担当者さまはぜひチェックしていただければと思います。

次回は、9月29日(木)に北欧雑貨のネットショップ「北欧、暮らしの道具店」を運営する株式会社クラシコムさまをゲストにセミナーを開催する予定です。みなさまのご参加、お待ちしております!

(関連記事:← 第4回自社セミナー | 第2回自社セミナー