at comnico

【第107回M.R.P.】2カ月連続受賞&フレッシュな初受賞!

1月M.R.P.テンプレ
こんにちは。あっという間に新卒期間も終了…。焦りを覚える黒岩です。
さて、今回のブログは第107回M.R.P.受賞者のご紹介です!受賞メンバーにインタビューでたっぷりとお話を聞いてきました!
 
※コムニコでは、「今月最も頑張った!」と思う社員を全社員からの投票により毎月表彰しています。選考基準は、コムニコのカルチャー「comni;code(コムニコード)」に基づいています。
 

1月のM.R.P.は?

 
2021年初M.R.P.は岡村成田が同票1位で同時受賞となりました!
岡村2ヵ月連続成田は入社2年目にして初の受賞に!おめでとうございます🎉

岡村へのコメント
島 梓:急なチーム体制の変更にも迅速に丁寧に進めていただきありがとうございます🙇いい方向に走ってるようにしか感じてませんw(心強すぎる)
中島 敦美:レスがはやくてとても助かります!色々と教えていただきありがとうございました👍
北島 大郷:広告関連の相談で、忙しいなか丁寧に対応いただき感謝しています!
成田へのコメント
塚脇 海:電話対応している様子を見たとき、相手のことをよく考えて話しているなと感じました!ここ最近成長が著しいと思います!
渡邉 翔平:クライアントとの交渉、安定感を感じた。さすが!
中村龍士:圧倒的に結果を残しているだけでなく、セールスチームに対する取り組みなど全方向コミットしていてホントに尊敬&刺激になってます!!

受賞者インタビュー

岡村へのインタビュー>
岡村
(2ヶ月連続受賞の岡村)
Q1 なんと2か月連続の受賞です。感想をお願いします。
岡村:うれしいというよりは、わたしがもらっていいのか?という思いです。わたしがリーダー業務を遂行できているのは、裏でメンバーが案件を回してくれているからこそ。なのでわたしより、メンバーがもっと評価されるべきだと思うので「ちょっと前に出すぎたかな?」と反省する部分も大きいです。
成田:とはいえ、メンバーが業務をしっかり回せているのは、萌未さんが細かいところにまで気を配って、ディレクションしているからではないですか?
岡村:おおー!うれしいことを言ってくれるね(笑)
 
Q2 今月はBe a team playerが最多得票でした。メンバーと仕事をする上で意識していることはありますか?
岡村:先月のインタビューでも言っているけど、メンバーの視点に立つこと。
成田:ときどき萌未さんの日報を読みますが、その言葉を体現しているなと思います。
黒岩:テレワーク環境だとコミュニケーションをとるのもむずかしい部分がありますが、そのあたりは工夫されていますか?
岡村:チャットでコミュニケーションをとっています。喋るのが苦手なので、わたしにとってはメリットが大きかったですね。

成田へのインタビュー>
成田
(まじめな表情にもうれしさがにじむ成田)
Q1 初受賞おめでとうございます。率直な感想をお願いします。
成田:素直にうれしいです。セールスチームのポジションは対お客さまのコミュニケーションが多く、売り上げで価値を残す部分が多いと感じているのですが、今回の受賞で受注金額以外のところで社内に貢献できたと実感できました。セールスチームからの受賞が約1年ぶりで、上司にあたる髙橋(風)のあとに続けたのもうれしいですね。
岡村:かわいいじゃん(笑)
黒岩:うれしかったコメントはありますか?
成田:中村からの「お客さまの課題を解決できるかなど、チームで結果を出す行動まで一貫してできていることすごいです」というコメントが特にうれしかったです。
 
Q2 Be committedの得票が最多でしたが、コミットするために意識していることはありますか?
成田:意識した訳ではないですが、お客さまと話すたびに商品開発の裏側の想いなどを生で聞くと共感することが多く、「絶対に成果を出したい」という想いになり、それが姿勢に繋がっているのかも知れないです。“お客様にとっての成果を出そう”という気持ちになります。そういったところがコミットしていると、周りから見えたのかもしれません。
 
<お互いの印象を聞いてみました>
成田:萌未さんは、様々なシーンで多方面に気を遣ってらっしゃるなと感じます。
岡村:あまり一緒に業務に取り組んだことはないですが、肌でいろいろ感じるのが得意な方なのかなと思います。話しているときによく右上を見ているので、体験したことや考えたことを思い出しながら話しているのかなと。
 
<2人の今後の意気込み>
成田:リアルなお客さまの悩みを聞いて、コムニコとしての価値を発揮して、世の中を笑顔にしていきたいです。今そういったところにやりがいを感じているので、そこをさらに!という感じです。
岡村:自分が課題に感じていることになりますが、マネジメントする立場としては、まだまだメンバーから慕われる存在ではないような気がするので、慕われる存在に近づけるようにということですね。あと常にメンバーの視点に立って、かゆいところに手を届かせていける存在になっていきたいです。

終わりに

今年初のM.R.P.を受賞した2人から、仕事に対するいろいろな考えを聞くことができました。
2021年はどのメンバーがM.R.P.を受賞していくのでしょうか?
次回のat comnicoもお楽しみに!